民営墓地は宗教や宗派不問で運営と管理をしているのが一般的

もしこれから霊園を探そうと考えているのでしたら、霊園の種類について理解をしておくようにしてください。
自治体や民間など霊園によって管理者が異なっていますので、そのメリットやデメリットについても勉強しておきましょう。 民営霊園というのは、宗教や宗派不問で運営と管理をしているのが一般的となっています。
ただし事業主体が宗教法人の場合におきましては、仏教以外の人は受け入れてもらえない時がありますので注意が必要です。
どんなに気に入った霊園や墓地があったとしましても、宗教や宗派が異なっていますと受け入れないこともあります。
公営霊園の場合には、宗教や宗派による制限が無く仏教や神道、キリスト教など、宗教を問われることはありません。

 

寺院墓地というのは、一般的に檀家になることがありますので、寺院の宗教の信徒であることが最低条件となります。
最近においての寺院墓地には他宗派の信徒も受け入れるところもありますが、一般的には仏教だけというところが多くなっています。





プロキシ 構築
URL:https://cloudpack.jp/service/aws.html
プロキシ 構築ナビ


民営墓地は宗教や宗派不問で運営と管理をしているのが一般的ブログ:2022-07-21

子どもには
日々必死に戦っているものがある。
それは「重力」である。

人間が成長するということは、
実は重力との戦いに他ならない。

子どもは血液を増やすことでこの重力に打ち勝って、
二足歩行が可能になるようにさせているのである。

子どもは疲れるとすぐに寝っ転がるものだが、
これは寝ることで血液の増産を促して、
重力に対抗できるようにするのだ。

親にとってみれば
子どもが起きているのに
寝っ転がるということは見苦しい姿なのだが、
子どもが寝っ転がることを否定してはならない。

子どもは必要だからやっているのであって、
それを禁じてしまうと子どもは血液不足になって、
重力に打ち勝てなくなってしまう。

人前では礼儀正しくすることを教えるべきだが、
自宅でなら多少の無礼を許しておくべきなのである。

裕福になると、
どうしても礼儀作法にうるさくなるために、
子どもが寝っ転がることを禁止してしまう…

しかしそのようなことを繰り返していると、
子どもは深刻な病気を患ってしまい、
その治療は困難を極めてしまうことになる。

裕福な家庭の子供に難病奇病が多いのは、
この重力との戦いを無視しているからなのである。

ママはまさか我が子どもが
重力と戦っているとは解らないものだ。

重力は目に見えないために、
我が子どもが寝っ転がることで血液を増産し、
それで重力に打ち勝とうとしていることなど理解しにくい。

しかしそれをやらずに
立ちっぱなしや座りっぱなしにしていると、
血液が不足してしまい、病気になってしまうのである。

我が子どもを健康にさせたいのなら、
重力から解放させ、血液を増やす機会を多く設けてあげることが大切!

それをママがきちんと配慮してくれるからこそ、
子どもは健康に育つのである。



ホーム サイトマップ