自分にとりまして必要な設備が完備されている霊園を求めたいのは当然

自分にとりまして必要な設備が完備されている霊園を求めたいのは当然



自分にとりまして必要な設備が完備されている霊園を求めたいのは当然ブログ:2020-03-15


わたくしがピアノを始めたきっかけは、
声楽をやっていた母親の
「娘に音楽の勉強をさせたい」という思いからでした。

やはり音楽の道は厳しいもので、
幼い頃は友人となかなか遊ぶことができず、
寂しい思いもしました。

そのうちピアノの手を休めることができる
「食べる」時間が唯一の楽しみになっていったのです。

あの頃は「食べては弾いて」の繰り返し。
練習の辛さから、わざとご飯を長引かせたりしたこともあります。

わたくしにとって食べることは
弾くこととは逆の「癒しの時間」だったんです。

そんなわたくしのために、
母親は時々、家の中でちょっと変わったイベントをしてくれました。

それは「おうちバイキング」と「ピクニックライス」。

どちらも
ピアノの練習の辛さなど忘れ、夢中になれる、
わたくしにとって素敵なイベントでした。

おうちバイキングとは、その名の通り、
家のあらゆる部屋においしそうな料理と巻紙が置いてあり、
巻紙には次の部屋のヒントが書かれているというもの。
最後に玄関までたどり着くと、
手作りスイーツが置いてあって締めになります。

ピクニックライスもまたワクワクするイベントです。
普段はインスタント塩ラーメンやカップ焼きそばを
食べさせることをしない母親でしたが、
時々どんなジャンキーなものでも食べて良いという日をつくってくれたのです。

その日は普段の食卓ではなく、
ストーブ横のじゅうたんにインスタント食品を広げて、
母親もそこで一緒に食べるというものでした。

母親なりにわたくしに音楽以外でも楽しみを与えるために、
一生懸命工夫してくれて、自分も楽しんでいたのだと感じます。


自分にとりまして必要な設備が完備されている霊園を求めたいのは当然

自分にとりまして必要な設備が完備されている霊園を求めたいのは当然

★メニュー

自分にとりまして必要な設備が完備されている霊園を求めたいのは当然
公営墓地というのは自治体によりまして募集方法は多少異なる
墓地を購入するために必要な資格や条件が比較的少ない民営墓地
決まった宗教があるのでしたら明確にしておくようにしましょう
墓地選びにおいての重要なチェックポイントが「立地条件」
民営墓地は宗教や宗派不問で運営と管理をしているのが一般的
最近ではローンでお墓の購入費を支払う方法も利用されています
霊園はとにかく日当たりがよくて風通しや水はけのよい所がベスト
現在は非常に多くの民間霊園が指定石材店制を導入
自動的に石材店を決められてしまう原因


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これが重要で大切な霊園情報