墓地を購入するために必要な資格や条件が比較的少ない民営墓地

墓地を購入するために必要な資格や条件が比較的少ない民営墓地



墓地を購入するために必要な資格や条件が比較的少ない民営墓地ブログ:2021-10-31


我が家には、今年3才になる子どもがいます。
連日、家の中を大声で叫びながら走っています。

仕事をしている時も、新聞を読んでいる時も、
掃除をしている時も…

「パパ~」「ママあ~」「ちょっと来てえ~」
バタバタバタバタ!! バタバタバタバタ ドスン!?
1日中こんな状態です。

思い返せば、1ヶ月ほど早くこの世に出てきた息子は、
おっぱいも上手に飲むことも出来ず…
一時間おきに授乳をしなければならず…
1日ほとんど泣きっぱなし…
父親も母親も、
連日ふらふらになって生活していました。

「三月過ぎたら、ちょっとは楽になる見たい」
「6ヶ月過ぎたら、ちょっと落ち着く見たい」
連日、夫婦でそんな言葉を掛け合いながらここまで来ました。

おかげ様で、病院に走る事もほとんどなく、
至って健康で元気な子どもになりました。
子どもの健康ほどありがたいものは無いものです。

今年、子どもの写真を年賀状で見てくれた友人達は、
「大きくなったね~」「かわいい盛りやな」って、
くちをそろえて言ってくれます。

もちろん、お休みの日、何もすることがない時間、
わが子どもながら、かわいいなあ…としみじみ感じます。

だけど普段、
父親も母親もやらなければいけない事だらけです。
仕事、洗濯、食事、掃除、洗物…
時にそんな男の子に、声を荒らげて怒鳴りつける事もあります。

朝方、出かけないといけない時間なのに
遊びながら、なかなかごはんを食べないでいる時に
夫婦で大切な話をしている時に
あれしてこれしてと言い続ける彼に

「遊んでないで食べなさい!」
「やかましく、し・な・い・で!!」
「もう、あっちに行ってなさ~~い!」

3才の男の子です。無理ですよね。
でも時折、父親も母親も声を荒げてしまうのです。

墓地を購入するために必要な資格や条件が比較的少ない民営墓地

墓地を購入するために必要な資格や条件が比較的少ない民営墓地

★メニュー

自分にとりまして必要な設備が完備されている霊園を求めたいのは当然
公営墓地というのは自治体によりまして募集方法は多少異なる
墓地を購入するために必要な資格や条件が比較的少ない民営墓地
決まった宗教があるのでしたら明確にしておくようにしましょう
墓地選びにおいての重要なチェックポイントが「立地条件」
民営墓地は宗教や宗派不問で運営と管理をしているのが一般的
最近ではローンでお墓の購入費を支払う方法も利用されています
霊園はとにかく日当たりがよくて風通しや水はけのよい所がベスト
現在は非常に多くの民間霊園が指定石材店制を導入
自動的に石材店を決められてしまう原因


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これが重要で大切な霊園情報